とつか美容通信

2012年11月29日 木曜日

レーザートーニングの治療について

こんにちは。
横浜市で有名なアンチエイジング、とつか整形外科皮フ科でございます。
毎日寒いですね。秋から冬にかけては1年の中でも最も乾燥する時期です。

乾燥はお肌の大敵です。
これからの季節、乾燥には気を付けてくださいね。今のうちからしっかり乾燥対策しておくと、お肌の水分保持力がアップしますので、本格的な冬が来てみんなが乾燥に悩んでいる時期も余裕で乗り越えられると思います。

さて、患者さんにお肌の悩みについてお伺いする際、お悩みの中に必ずと言っていいほど入ってくるのがシミ、そばかすです。
このシミですが、実は肝斑と呼ばれる30代~40代のアジア人女性に多くみられるシミの一種の場合も多くあります。

肝斑かシミかを見分けるのは専門家でないと難しいケースも多いので、シミに悩んでいる方は是非とつか整形外科皮フ科でご相談ください。
治療法を誤ると症状が悪化する可能性もありますので、自己判断は禁物です。

さて当院ではシミが気になる方にレーザートーニングという医療用のレーザー機器を使っています。
非常に弱いパワーでレーザーを当てて、少しずつ肝斑やシミを薄くしていきます。
まずは一度ご相談ください。

投稿者 とつか整形外科皮フ科

  • ゼルティック
  • ウルトラアクセント
  • 脂肪溶解注射
  • ダイエット
  • 各種症例・費用
  • しみ・そばかす・赤ら顔
  • しわ・たるみ
  • ほくろ・いぼ
  • 肝斑治療
  • 毛穴の黒ずみ
  • 水光注射
  • 輪郭注射

大きな地図で見る

〒244-0817
神奈川県横浜市戸塚区吉田町 944-5
KAWARA2F

ホームページを見たとお伝え下さい 045-869-1215

診療時間  10:00~18:30
定休日    木・日・祝日

詳しくはこちら